記事検索

Windows Live Calendarがスマートフォンブラウザに対応


 米Microsoftは18日、Windows Live Calendarがスマートフォンなどのウェブブラウザーに対応したことを発表した。利用するためにはブラウザーから「calendar.live.com」にアクセス、Windows Liveアカウントでログインする必要がある。

 現在対応している端末は、iPhoneおよびiPod Touch上のSafari 3.0以降、Windows Mobile 6.1.4以降の端末でのOpera、Blackberry 5以上、5世代目以降のNokiaS60。このほか一般的に、スマートフォン上のOpera、Palm、Androidのウェブブラウザーにも対応するとしている。日本語環境でも利用することができた。

 モバイルブラウザーからWindows Live Calendarを見ると、デスクトップブラウザと同じく、日/週/月表示、当日のスケジュールやタスク表示ができる。また、カレンダーに予定をアイコンで表示するための「カレンダーチャーム」機能も用意されており、25個のチャームアイコンが利用可能だ。

 また、Windows Live Calendarはスイスのウェブサービス「Mixin.com」に対応した。Mixin.comは、Facebookアカウントなどと連動してFacebookイベント、友人のスケジュール、誕生日などを集約して、スマートフォン、Outlook、iCalなどで管理できるサービスだ。Mixin.comを通してWindows Live CalendarにFacebookイベントなどを取り込むことができるようになったとしている。


関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2010/6/21 07:23