記事検索

MS共同創業者のポール・アレン氏、AppleやGoogleなど11社を特許侵害で提訴


 Microsoft共同創業者ポール・アレン氏の企業Interval Licensingは27日、AppleやGoogleなど11社を特許侵害で訴えたことを明らかにした。

 訴訟は、Interval Licensingが保有する4件の特許を侵害しているとして、AOL、Apple、eBay、Facebook、Google、Netflix、Office Depot、OfficeMax、Staples、Yahoo、YouTubeの11社を相手として訴えたもの。ワシントン州西地区の連邦地裁に対して27日、訴状を提出した。

 Interval Licensingでは、これらの特許は1990年代にAllen氏の企業Interval Researchが開発した基本的なウェブ技術で、主要なECサイトやウェブ検索企業によって特許が侵害されていると説明。これらの特許はECサイトやウェブ検索企業が営業するための基本となっており、「この訴訟は我々の革新への投資を保護するために必要なものだ」とアレン氏のスポークスマンはコメントしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/8/30 13:31