記事検索

PC不要でScanSnapからEvernoteにアップロード、NTTがデバイスサーバー発売


N-TRANSFERの本体

 NTT東日本とNTT西日本は27日、インターネットによる通信機能を持たせたデバイスサーバー「N-TRANSFER(エヌトランスファー)」を発表した。USB機器をつなぐことで、PCを介さずにさまざまなクラウドサービスを利用できるようにするのが特徴。

 第1弾として、エプソン販売株式会社のプリンター複合機「Colorio」および株式会社PFUのスキャナー「ScanSnap」と連携し、これらの機器から米Evernoteのクラウドサービス「Evernote」を利用できるようにした。

 製品付属のUSBメモリーには各機器のドライバーが保存されており、ColorioやScanSnapを接続して紙媒体などをスキャンするだけで、データをEvernote上にアップロードできる。アップロードしたデータは、PCや携帯電話などから閲覧・文字検索が行える。

 利用するにはまず、PCまたは携帯電話からN-TRANSFERの専用ページにアクセスし、IDとパスワードを登録。さらに、専用ページからEvernoteのアカウントにログインする。N-TRANSFERはインターネットに接続する必要がある。

連携によるサービス提供イメージ図

 USB機器を直接クラウドサービスに接続する以外にも、N-TRANSFER同士でファイル転送ができる「データトランスファー」、USB機器を複数のPCで共有する「USBトランスファー」を利用できる。

 データトランスファーは、USB経由で記録メディアを接続するだけで、指定した別のN-TRANSFERへファイルを転送できる機能。一度に送受信できるファイルは約500MBまでで、ファイルの送信・受信時には携帯電話で操作を指示する。

 USBトランスファーは、プリンター、スキャナー、複合機、外付けHDDなどのUSB機器をN-TRANSFERに接続することで、LANに接続された複数のPCで共有できる機能。無線ルーターを接続すれば、離れた場所からUSB機器を共有することも可能。

データトランスファーのイメージ図 USBトランスファーのイメージ図

 NTTでは今後、N-TRANSFERを用いて、さらに多才なUSB機器とサービスをシームレスに接続させていくという。具体的には、エプソン販売やPFU以外の機器メーカーに加えて、Evernote以外のクラウドサービス提供事業者との連携も視野に入れている。

 N-TRANSFERの価格は7350円。インターフェイスはUSB 2.0が2ポート、有線LAN(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)が1ポート。本体サイズは60×95×28mm(横×奥行×高さ)、重量は約98g。NTT西日本は10月1日、NTT東日本は10月中旬に発売する予定。


関連情報

(増田 覚)

2010/9/27 18:53