記事検索

「Opera 10.63」公開、5件の脆弱性を修正


 Opera Softwareは12日、ウェブブラウザー「Opera 10.63」を公開した。Windows版、Mac版、Unix版があり、Operaのサイトからダウンロードできる。

 Opera 10.63では、計5件の脆弱性を修正。うち1件は、クロスサイトスクリプティングにつながる脆弱性で、危険度が5段階で最も高い“Critical”と評価されており、Operaではユーザーに対してアップデートを推奨している。このほかにも複数の不具合が修正され、安定性が向上している。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/10/13 17:24