記事検索

国内の多数サイトに影響、JRE悪用するウイルス感染について注意


 株式会社ラックは10月29日、国内の多数のサイトで発生したガンブラー型攻撃によるウイルス感染の実態について、特徴や手口の傾向が判明したとして、注意喚起を公表した。

 ラックの情報漏えい緊急対応サービス「サイバー緊急センター」に問い合わせのあった複数の事例によると、今回確認された攻撃ではJava Runtime Environment(JRE)の脆弱性(CVE-2008-5353)を悪用することが確認された。ラックでは、多くの組織で社内システムやパッケージソフトに付属するそれぞれのJREを使用しているケースが見受けられ、そのためにJREのセキュリティ対策を適切に取れず、被害が相当数の企業に拡散していることが推測されるとしている。

 今回のウイルス感染では、ウェブページの閲覧率調査サービスを提供する会社のページが改ざんされたことにより、このサービスを利用する多数の企業にも影響が及び、サイト閲覧者がウイルスに感染したことが確認されている。

 ラックでは、ウイルスに感染するとウェブページへのアクセスに必要なユーザーIDとパスワードを不正に盗み取られる可能性があり、また、未確認ではあるが、PCを乗っ取られて外部から不正に操作される危険性もあると指摘。対策としては、JREを最新版に更新するとともに、ウイルスは特定のIPアドレスに接続を試みるため、DNSのログやファイアウォールなどで該当するPCが無いかを確認することを挙げている。

 ウイルスが接続を試みるIPアドレスは、以下のアドレス。
[64.27.25.223]、[64.27.25.224]、[88.80.7.152]、[85.17.209.3]、[95.211.111.229]、[95.211.108.93]、[178.63.62.19]


関連情報

(三柳 英樹)

2010/11/1 12:22