記事検索

Google、検索結果リンク先の全体像を表示する「インスタントプレビュー」


 グーグル株式会社は10日、Google検索結果ページにおいてリンク先のスクリーンショット画像を表示する「インスタントプレビュー」を開始した。検索結果のリンク先の全体像を視覚的に見せることで情報を探しやすくする。数日中で40言語以上で利用可能になる。

 各検索結果のタイトル右に表示される虫眼鏡のアイコンをクリックすると、そのリンク先ページのスクリーンショット画像が右側に現れる。スクリーンショット画像では、検索キーワードに関連する個所がオレンジ色の吹き出しで強調表示される。

インスタントプレビューのイメージ

 グーグルによれば、インスタントプレビューによって、実際にクリックした先で目的の情報を見つける可能性が5%以上高くなることが実験で判明したとコメント。また、新機能の利便性については以下の3点を挙げている。

1)検索結果を簡単に比較
 検索結果のウェブページを視覚的に比較できるため、実際に訪問したいページかどうかすぐに判断できる。

2)関連するコンテンツをピンポイントで判断
 ウェブページ内で検索キーワードを含む個所がオレンジ色の吹き出しで強調表示されるため、探している情報が載っているかどうかをすばやく判断できる。

3)インタラクティブな検索結果ページ
 ページのプレビューを見ることで、検索結果をクリックする前にウェブページのレイアウトを確認できる。特にグラフ、図、地図、リストなどを探している場合には一目でわかる。

 なお、一度インスタントプレビューを有効にすれば、他の検索結果のプレビューをバックグラウンドで取得するため、検索結果上にマウスを重ねるだけでパラパラとプレビューを閲覧できるという。


関連情報

(増田 覚)

2010/11/10 12:20