記事検索

mixi、「mixiアプリの設定で情報漏洩する」という誤情報について注意喚起


 株式会社ミクシィは12月10日、mixiアプリについて「『未利用アプリのプライバシー設定』において、基本情報やプロフィール情報の公開にチェックを入れると以下の事象が発生する 」という誤情報がネットで流されているとして、「運営者のお知らせ」としてユーザーに注意を促した。

 今回の注意喚起の対象となった誤情報は、「未利用mixiアプリのプライバシー設定」画面で、公開にチェックを入れている(=全体公開の情報に対するアプリのアクセスを許可する)と、「外部事業者にmixiの登録情報が漏えいする」「mixiを騙る迷惑メールが送られてくる」というもの。

 「未利用アプリのプライバシー設定」は、ユーザーがmixiに全体公開している情報については、マイミクが利用しているアプリからアクセスすることができるが、そのアプリからのアクセスを制限するための設定機能。ユーザーが全体公開している情報でも、アプリからアクセスしてほしくないと思った場合は、設定画面のチェックをオフにすればアクセスを遮断できる。また、ユーザーが全体公開していない情報については、アプリがアクセスすることはできない。

 「未利用mixiアプリのプライバシー設定」では、ユーザーが全体公開していない情報については、チェックを入れることができないようになっており、アプリに情報が表示されることはない。また、登録メールアドレスはもともとアプリからアクセスできないため、設定のいかんに関わらず情報が他ユーザーが利用しているmixiアプリに表示されたり、外部事業者に提供されることはないとして、ユーザーに誤情報に対する注意を促している。

「未利用アプリのプライバシー設定」画面。ユーザーが全体公開していない項目(画面の『現住所』『生年月日』『年齢』)はチェックが入れられず、公開することはできない mixiアプリに関する誤情報に関するmixiのお知らせ

関連情報

(工藤 ひろえ)

2010/12/10 20:57