記事検索

絵が描けなくても漫画が作れるソフト「コミPo!」発売、無料体験版も公開


コミPo! パッケージ(初回特典付き)。初回特典付きには、「コミPo!」のキャラクター、こみぽちゃんのシールが同梱される

 コミPo! 製作委員会は12月15日、絵が描けなくても漫画が作成できるWindows用ソフト「コミPo!(コミポ)」を発売した。希望小売価格はパッケージ版が9700円、ダウンロード版が6700円。パッケージ版はamazon.co.jpやアニメイトなど、ダウンロード版はDMM.com、Vectorなどで販売する。

 発売にさきがけて、1月31日まで無料で試用できる「コミPo! 無料体験版」も公開されている。無料体験版では、「4コマ用(縦長ハーフサイズ)」を1ページのみ作成できる。利用できる素材の数なども製品版より限られるが、作成した漫画は商用・業務用以外の用途であればWebサイトなどで利用できる。

 コミPo! 製作委員会では、「コミPo!」を購入、ユーザー登録したユーザーがアクセスできる「コミPo! 応援隊」のページを開設。オリジナルの3Dアイテムをダウンロードすることができる。

 発売を記念して、12月17日にニフティが運営するイベントスペース「TOKYO CULTURE CULTURE」で「コミPo! 大喜利ライブ」を開催。出演はコミPo!作者で漫画家の田中圭一氏、バッファロー吾郎・木村氏、天久聖一氏、林雄司氏、べつやくれい氏。また、ウェブ漫画共有コミュニティ「COMEE(コミィ)」では、コミPo! 製作委員会と共同で「コミPo!発売記念ショートコミックコンテスト」を開催する。コンテストの詳細については、12月22日にCOMEEサイトで発表する予定だという。


関連情報

(工藤 ひろえ)

2010/12/15 12:41