記事検索

Apple、App Storeで定期購読型の課金サービスを開始


 米Appleは15日、App Storeで販売する雑誌や新聞、動画、音楽などのコンテンツベースのアプリについて、定期購読型課金サービスの提供を開始した。2月2日から米Newsが日刊紙アプリ「The Daily」を定期購読型で販売しており、Appleでは今回発表した課金サービスがThe Dailyと同じ仕組みだとしている。

 定期購読型の課金サービスは、従来のApp Storeでのアプリ販売やアプリ内課金と同じ仕組みによって提供される。コンテンツ提供者はコンテンツに価格と期間(週/月/隔月/四半期/年/隔年)が設定でき、購入者は購読期間を選ぶだけで簡単に購入できる。定期購読の自動更新の停止などは、ユーザーのアカウントページから行える。

 他のアプリと同様に、App Storeでの売り上げの30%はAppleの取り分となるが、コンテンツ提供者がApp Store外で独自に定期購読型サービスを提供することも可能で、その場合は100%がコンテンツ提供者の収益になる。

 プレスリリースではスティーブ・ジョブスCEOが「App Store外で定期購読を提供する場合には、App Store内でも同等かそれ以上のサービスを提供することを望んでいる」とコメントしており、アプリに対してコンテンツ提供者が独自の定期購読サービスを展開する場合には、App Store内でも同等かそれ以上の条件でサービスを提供することが求められ、アプリ内に独自の定期購読サービスに誘導するリンクを設けることはできない。また、定期購読の利用者に対してはプライバシー保護の観点から、氏名、メールアドレス、郵便番号をコンテンツ提供者に渡すかどうかを選べるオプションを提供するとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/2/16 13:01