記事検索

マンガ喫茶も“自炊”支援、メディアカフェポパイ横浜駅西口店で


メディアカフェポパイ横浜駅西口店のサイトでは自炊支援サービスの告知を行っている

 株式会社サンコーは17日、同社が運営するマンガ喫茶「メディアカフェポパイ」の横浜駅西口店において、書籍を裁断機で切断し、スキャナーを使って電子化する、いわゆる“自炊”を支援するサービスを開始したと発表した。

 利用者が書籍を持参した場合に限り、裁断機とスキャナー、PCを貸し出す。料金体系は時間制となっており、最初の30分が360円、延長料金が10分ごとに180円。3時間パック(1760円)と6時間パック(2740円)も用意する。

 株式会社サンコーは、「今急成長のビジネスとして注目の集まる書籍の自炊をセルフで実施できるサービスを開始した」と説明。今後、利用者の需要が高まれば、他店舗での展開も視野に入れているという。

 同様の自炊支援サービスは、DVD/CDレンタル大手の「TSUTAYA」も枚方市駅前店GAME館(大阪府)と横浜みなとみらい店(神奈川県)で試験的に実施。店頭で裁断機とスキャナーとPCを貸し出し、1冊300円で書籍の電子化を行えるようにしている。


関連情報

(増田 覚)

2011/2/18 12:38