記事検索

Google、「YouTube 消息情報チャンネル」開設。被災者からのメッセージを紹介


 YouTubeは、東北太平洋沖地震の被災者からのメッセージ動画を集めた「YouTube 消息情報チャンネル」を開設した。

 18日の開設時には30 本だったメッセージ動画も、19日23時の時点では61本になっている。公開された動画は、TBS系列のJNN取材チームが取材した安否情報を、YouTube の公式パートナーであるTBS News-i がYouTube にアップロードしている。

「YouTube 消息情報チャンネル」

 「YouTube 消息情報チャンネル」では、TBS News-iの取材した安否情報のほか、テレビ朝日系列のテレビ局でも、近日中にメッセージ動画掲載を予定しているという。

 画面右側上部の動画サムネイル一覧の上にある検索ボックスに、名前、地名、避難所の地名などを入力して[表示] をクリックすることで、被災者の動画を検索することができる。Googleでは、名前で見つからない場合は、姓・名それぞれを漢字、カナ、かなで入力して試すよう勧めている。検索すると、検索語に該当する動画の一覧が表示されるので、サムネイル画像をクリックすると画面左側で動画が再生される。

 なお、消息情報チャンネルで紹介中の消息情報は、Googleが提供中の、被災された家族や友人の安否を調べられるツール「Google パーソンファインダー」にも反映される。


関連情報

(工藤 ひろえ)

2011/3/20 00:00