記事検索

Microsoft、「Office for Mac 2011 SP1」を来週リリース


 米Microsoftは6日、Mac向けオフィスソフトの最新版となる「Office for Mac 2011 Service Pack 1(SP1)」を来週リリースすると発表した。

 Office for Mac 2011 SP1では、安定性とセキュリティの向上のほか、同期機能のサポートを含む機能追加や機能強化を実施。同期機能では、ユーザーからの要望が多かったMac OS Xの「Sync Services」に対応し、Sync Serviceに対応するソフトやiPhone/iPadなどとOutlookとの同期が可能になる。

 ただし、アップルではクラウドサービス「MobileMe」のカレンダーを5月5日に新バージョンに切り替えることを発表しているが、新しいMobileMeカレンダーはSync Servicesに対応しないため、MobileMe経由で同期を行っているユーザーはOutlookとの同期もできなくなることを注意事項として挙げている。

 このほか、OutlookにはExchangeベースのサーバーサイドルールのサポートや、メッセージのリダイレクトボタン、再送ボタンの追加、Excelではソルバー機能の統合などが行われる。


関連情報


(三柳 英樹)

2011/4/7 14:01