記事検索

「Skype 5.3 for Windows」公開、携帯からのビデオ通話品質向上


 ルクセンブルクのSkypeは7日、「Skype 5.3 for Windows」を公開した。携帯版Skypeからのビデオ通話品質向上やユーザーインターフェイスの改良、バグ修正が行われた。同社では現ユーザーへのアップグレードを勧めている。Windows 7/Vista/XPに対応する。

 このバージョンでは、携帯版Skypeクライアントからビデオ通話を受話する際のビデオ品質が向上したとしている。これは、携帯端末でない側のプロセッサーパワーを有効活用することによって、より高解像度な画像を表示できるようにしたためとしている。

 このほか、細かな改良点が4つある。コンタクトプロフィールカードが閉じられた状態で、相手ユーザーのプレゼンスアイコンが表示されるようになった。

 さらにチャットスレッドの下に小さな「i」ボタンが追加され、このボタンをクリックすると、スレッド切り換えが可能だ。また、電話番号がないために通話できなかった場合、その直後にプロフィールに電話番号を追加すると、Skypeが自動的に通話を開始する。同様に、電話番号がプロフィールになかったためにSMSが送信できなかった場合、直後に電話番号がプロフィールに追加されると、自動的にSMS入力画面に切り替わるようになった。

 このほか、17のバグ修正が行われたとしている。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/4/8 11:58