記事検索

カスペルスキーがAndroid向けセキュリティアプリ「当面は無料で」


特設サイトのトップページ
カスペルスキーモバイルセキュリティ9の画面キャプチャー

 株式会社カスペルスキーは14日、Android向けセキュリティアプリ「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」の体験版を公開した。同社の特設サイトから無料でダウンロードできる。体験版の利用期間は未定で、当面は無償で利用できるという。

 対応通信キャリアはNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル。対応OSはAndroid 1.6〜2.2で、今後はAndroid 2.3や3.0などの最新OSもサポートする。有償版へアップグレードする際の価格は未定。

 カスペルスキーモバイルセキュリティ9は、Androidを標的とした悪質なアプリやウイルスを検出・削除する機能や、紛失したり盗難された端末を遠隔操作でロックする機能などを備える。

 ウイルス対策機能としては、Android端末にダウンロードされるすべてのアプリを自動的にスキャンするほか、インストール済みのアプリ、内蔵メモリ、外部メモリ(micro SDカード)のスキャンが可能。時間/週/曜日などのスケジュールスキャンにも対応する。

 盗難対策機能としては、同一キャリアの携帯電話からパスワードと特定のコマンドを送信することで、盗難されたAndroid端末をロックしたり、端末内のデータを消去することが可能。

 また、紛失したAndroid端末の位置情報をGoogle マップで確認したり、Android端末に別のSIMカードが差し替えられると、新しいSIMカードの電話番号情報をあらかじめ登録していたアドレスあてにメールで通知する機能も備える。

 このほか、他人に見られたくない連絡先やSMS履歴、通話履歴、着信履歴をボタンひとつで非表示にする機能、ブラックリストやホワイトリストを活用して迷惑電話やSMSスパムの受信を拒否する機能などを備える。

 なお、カスペルスキーが日本でモバイル向けセキュリティソフトを提供するのは初めて。製品名に「9」とナンバリングされているのは、海外でSymbian OS向けのモバイルセキュリティを販売していたためだ。

アンチウイルス機能 プライバシー保護機能
盗難・紛失時の情報漏えい対策機能 着信拒否機能

「Androidセキュリティはカスペに任せろ」体験版はブランド認知度向上が狙い

川合林太郎代表取締役社長
加賀山進代表取締役会長

 カスペルスキーモバイルセキュリティ9を利用するには、特設サイトから無償で利用可能な体験版をダウンロードする必要がある。ダウンロード時の利用期間は「1カ月」となっているが、当面は体験版の利用期間を延長するという。

 現段階で有償版を販売しない理由について、カスペルスキーの川合林太郎代表取締役社長は「Androidにセキュリティが必要だという意識を広めるため。『Androidのセキュリティはカスペルスキーに任せてほしい』という意気込みの表れでもある」と説明する。

 加賀山進代表取締役会長は「なんといってもブランドの認知度を高めるのが目標。そのためには、成熟した市場に入り込む必要がある。『Androidはカスペルスキー』となれば、他の主力製品の認知度も上がるはずだ」と語った。

 また、川合社長によれば、PCのこれまでの脅威は「自己顕示欲」「愉快犯」「ネット犯罪」という3段階のレベルで“進化”してきたという。Androidは普及し始めたばかりだが、すでに攻撃者の意識は、一足飛びにレベル3の「ネット犯罪」に至っていると指摘。Androidを標的とするマルウェアも右肩上がりで増えていると述べ、セキュリティ製品の必要性を訴えた。

 さらに、他社のAndroid向けセキュリティ製品への優位性としては、「カスペルスキーは株式非公開のプライベートカンパニー。株主の顔を意識せずに、『世界中のネットの脅威から守る』という使命に沿って研究開発費に投資できる」(川合氏)とアピール。「年内に100万本の配布を目指す」と意気込みを語った。


関連情報


(増田 覚)

2011/4/14 19:34