記事検索

マイクロソフト、5月の修正パッチは2件〜MS11-022適用後の不具合にも対応


 日本マイクロソフト株式会社は、5月11日に公開する予定の2件のセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)の事前通知を発表した。脆弱性の深刻度は、4段階で最も高い“緊急”が1件、2番目に高い“重要”が1件。

 深刻度が“緊急”の脆弱性はWindowsに関連するもので、悪用されるとリモートでコードが実行される恐れがある。Windows Server 2008 R2/2008/2003が影響を受ける。また、深刻度が“重要”の脆弱性はOfficeに関連するもので、こちらも悪用されるとリモートでコードが実行される恐れがある。

 なお、“重要”の脆弱性は、4月の月例セキュリティ更新プログラム「MS11-022」の適用後にPowerPoint 2003でファイルを開くと、「ファイルが壊れています」というメッセージが表示される問題にも対応する。


関連情報


(増田 覚)

2011/5/9 12:06