記事検索

Appleが「Mac OS X Lion」正式発表、ダウンロード販売のみで7月発売、2600円


Mac OS X Lion

 米Appleは6日(米国時間)、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2011」の基調講演において、これまで開発者向けにベータ版として公開されていた次期OS「Mac OS X Lion」の正式発表を行った。発売は7月、ダウンロード販売のみという方式となり、日本での価格は2600円。

 Mac OS X Lionの機能などはすでに公開されていたため驚きはなかったが、販売方法と価格に注目が集まっていた。

 これまで、Mac OS XのすべてのバージョンのアップデートはCDやDVDなどのメディアで販売されていた。しかしMac OS X Lionでは、「Mac App Store」でのみ購入できるダウンロード販売となる。形式としては現在の最新バージョン「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」のアップグレードとして提供される。ダウンロード容量は約4GBで、Appleでは「iTunesで販売されているHD映画と同程度のサイズだ」としている。一度ダウンロードすれば、正式に認証されているすべてのMacで利用可能だ。

 また、これまで130ドル程度していたアップグレード版の価格だが、Mac OS X Lionでは29.99ドル(日本では2600円)となった。これはOSとしては安い価格と言えるだろう。Appleでは「できるだけ多くのユーザーに利用してもらいたいため」と説明している。

 なお、サーバー機能を提供するMac OS X Lion Serverは、 Lion上にインストールするため、Lionをインストールした上でMac App Storeから49.99ドルでダウンロード購入することになる。

 250の新機能を搭載したというMac OS X Lionの詳細情報は、アップルの日本語サイトでも説明されている。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/6/7 10:33