記事検索

Ustream、配信番組をiPhone向けに自動変換するシステムを導入


 Ustream Asia株式会社は15日、Ustreamでライブ配信した番組をサーバー側で自動変換してiPhone向けに配信する自動トランスコードシステムを導入した。

 Ustreamの番組はiPhoneのブラウザー(Safari)やアプリからも視聴できるが、視聴できるのは配信側が「iPhone視聴対応フォーマット」を用いて配信している番組に限られていた。

 今回、自動トランスコードシステムを導入したことで、iPhone視聴対応フォーマット以外の番組でも、iPhoneからの視聴が可能となった。自動変換後のビットレートは300kbpsに統一され、現時点では録画番組については自動変換されない。自動変換を行うため、iPhoneからの視聴開始までには最大1分ほどかかる場合がある。また、有料配信や音声のみの配信など、一部の番組では視聴できない場合がある。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/6/15 16:36