記事検索

「Skype 5.5 for Windows」ベータ版公開、Facebookとの「深い統合」が目玉


 Skypeは20日、「Skype 5.5 for Windows」のベータ版を公開した。このバージョンでは、Facebookとの「深いレベルでの統合」が前面に押し出されている。Windows 7/Vista/XP/2000に対応しており、同社サイトよりダウンロードできる。

 新機能として、Skypeホーム画面にFacebookのさまざまな情報を表示し、Skypeを離れずにFacebookを利用できるようにしている。利用できるFacebookの機能は、Facebookの友達すべての表示、ニュースフィード、Facebookのインスタントメッセージから友達とチャットできる機能、友達のステータスへの「いいね!」送信などである。これらはホーム画面のFacebookタブから利用可能だ。

Skype 5.5 for Windows(Skype公式ブログより画像転載)

 その他の機能として、通話画面のユーザーインターフェイスを見直し、表示されているボタンの数を減らした。このため、画面共有やファイル送信などの機能は、プラスメニューの中に納められることになった。

 また、ビデオ通話品質を改良させている。このため、ビデオ通話時のグラフィックカードリソースを減少させ、特にSiSのグラフィックカードなど古いグラフィックカードのサポートを改良している。

 このほかにも複数のバグフィックスが行われたとしている。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/6/21 11:40