記事検索

デジタルアーツ、フィッシング対策協議会およびJPCERT/CCと連携


 デジタルアーツ株式会社は27日、フィッシング対策協議会およびその運営事務局の一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)と連携し、フィッシングサイトのURL情報の提供を受けると発表した。

 デジタルアーツでは、2005年8月に警視庁サイバー犯罪対策課と、2006年6月にインターネット・ホットラインセンターとそれぞれ連携し、フィッシングサイトを含む悪質・犯罪関連サイトの情報をURLデータベースに反映させてきた。さらに今回、フィッシング対策協議会およびJPCERT/CCとの連携により、フィッシングサイトに特化した形でURL情報の提供を受ける。

 デジタルアーツでは受け取ったURL情報を、個人向けフィルタリング製品の「i-フィルター」シリーズや、企業向け製品の「i-FILTER」「m-FILTER」シリーズ、デジタルアーツ製品を使ったISPのフィルタリングサービスなどに反映していく。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/6/27 12:40