記事検索

経産省が「節電アプリ大賞」実施、「節電.go.jp」にアプリ紹介コーナーも


「節電.go.jp」家庭向けサイト

 経済産業省は1日、国民や事業者に“節電アクション”を呼び掛ける政府のポータルサイト「節電.go.jp」をリニューアルし、本格運用を開始した。「家庭向けサイト」と「事業者向けサイト」がある。

 家庭向けサイトに設けた「家庭の節電宣言」コーナーでは、参加者が節電.go.jp内のマイページで、自宅の節電メニューを作成し、電力使用量の削減実績などを確認できるようにした。会社や学校などのグループで節電メニューの達成を目指すことも可能という。協賛企業からの参加賞・達成賞も用意した。

 電力会社が公表するデータなどをもとにした“電力使用状況アプリ”などを対象に、「2011節電スマートフォン大賞」も実施する。アプリ紹介ページを近日中に開設し、ユーザーによる投票も実施。8月上旬〜中旬に審査・発表するとしている。

 このほか、「アイディアボックス」に寄せられた国民からの節電に関する意見や提案も紹介していく。また、電力の使用状況などを表示するブログパーツも公開している。

 なお、経産省情報プロジェクト室によると、節電.go.jpの家庭向けサイトは、日本の政府サイトとしては初めて利用規約にクリエイティブコモンズ(CC)ライセンスを採用したという。

 一方、事業者向けサイトでは、小口需要家(契約電力500kW未満の事業者)が節電行動計画を作成・登録・公表できるようになっている。


関連情報


(永沢 茂)

2011/7/1 17:40