記事検索

アダルト専用TLD「.xxx」、非アダルト企業も検討を〜先行申請の受付開始


 GMOインターネット株式会社は7日、同社が運営するドメイン名登録サービス「お名前.com」において、非アダルト事業者を対象に、「.xxx」ドメインの「商標登録者保護申請(サンライズB)」の受付を開始した。受付期間は、10月26日17時までの予定。

 .xxxは、アダルトサイト専用のトップレベルドメイン(TLD)として新設されたもので、非アダルト事業者には本来必要ないものだ。しかし、「アダルトサイトを表すドメインという性質上、第三者に企業名やブランド名などのドメイン名を取得された場合、ユーザーの誤認や混同によるブランドイメージの損失が懸念される」(GMOインターネット)。

 そこで、非アダルト事業者が自社名や自社ブランド名と同じ文字列について、他社がそれらの文字列を.xxxドメインで使えないようブロックしておくことが、企業のブランド保護・商標保護対策として有効だとしている。

 サンライズBは、先願順でドメイン名を登録できる一般受付に先立ち、商標権保有者がその商標名を使った.xxxドメイン名の保護(ブロック)を優先的に申請できる期間。2009年9月1日以前に登録された商標の保有者であれば、その商標名と同じ文字列を申請できる。申請料金は4万5000円。

 なお、サンライズBは商標保護が目的のため、申請が受理されたとしても、そのドメイン名を保有・運用できるわけではない。ただし、受理されたドメイン名は半永久的にいかなる法人・個人でも登録・利用できなくなり、そのドメインにアクセスがあった際にはブロックされていることを示すページが表示されるという。更新手続きなども不要だ。

 また、.xxxの開始にあたっては、サンライズBと並行して、アダルト事業者向けの「商標登録者登録申請(サンライズA)」も行われる。サンライズAとサンライズBで同じ文字列が申請された場合は、サンライズAの申請が優先される。なお、お名前.comでは、サンライズAの受付は行わない。


関連情報


(永沢 茂)

2011/9/8 06:00