記事検索

ドコモ、PSゲームが楽しめるAndroid端末「Xperia PLAY SO-01D」


「Xperia PLAY SO-01D」

 NTTドコモは、ポータブルゲームプレーヤーとして楽しめるスライド式のコントローラーを搭載したソニー・エリクソン・モバイルコミュニーションズ製のスマートフォン「Xperia PLAY SO-01D」を10月〜11月に発売する。

 「Xperia PLAY SO-01D」は、ソニー・コンピュータエンタテインメントの(SCE)のライセンスプログラム「PlayStation Certified」に対応したAndroidスマートフォン。Android 2.3に対応する。

 フルタッチ型のAndroidスマートフォンとして利用可能で、端末をスライドさせることで、方向キーや「△○×□」の各ボタン、タッチパッドなどを搭載したゲームキーパッドが現れる。ポータブルゲーム機のようにホールドすると、人差し指の部分にはL/Rキーに相当するボタンも用意されている。

 「PlayStation Certified」は、Android OS上でゲームを楽しむためのSCEのライセンスプログラム。PlayStation Certifiedに対応したゲームが楽しめる。初代プレイステーションなどのゲームタイトルがラインナップされた「PlayStation Store」に対応し、名作タイトルなどがプレイできる。

 さらに、Xperia PLAY向けのゲームなどを集めた「Xperia PLAY Game Launcher」なども用意されている。コンテンツプロバイダーが提供するゲームの中から、常時40タイトル程度、お奨めゲームとして紹介される。端末にはプレイセットゲームが用意される。このほか、Androidのゲームアプリなども用意される。


 プロセッサは1GHz駆動のクアルコム製「MSM8255」(Snapdragon)で、画像処理など描画処理を担当するGPU(Graphics Processing Unit)のコアにはAdreno 205が採用される。RAM512MB、ROM1024MB。ディスプレイは約4.0インチ、480×854ドット、1677万7216色表示のTFT液晶。タッチ操作に対応する。背面部に約510万画素、ディスプレイ側に約30万画素のCMOSカメラを搭載する。HD動画(720p)撮影もサポートする。最大32GBのmicroSDHCカードに対応する。

 日本語変換エンジンは「POBox Touch 4.3」を搭載。FOMAハイスピードや、緊急速報エリアメール、spモード、GPS、Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth、テザリング機能(同時接続は最大5台)、Facebookとの連携機能などに対応する。

 大きさは約120×62×16.4mmで、重さは約175g。連続通話時間は約340分(3G)で、待受時間は約480時間。ボディカラーはBlackの1色のみとなる。


関連情報


(津田 啓夢)

2011/9/14 17:41