記事検索

改造Wiiと海賊版ソフト入りHDDを販売、愛媛県の男性を送検


 愛知県警生活経済課と千種署は19日、権利者に無断で複製したゲームソフトを販売目的で所持していた愛媛県八幡浜市の男性(33歳)を著作権法違反(海賊版頒布目的所持)の疑いで再逮捕し、21日に名古屋地検に送致した。社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会が21日、発表した。

 男性は9月27日、任天堂の「NewスーパーマリオブラザーズWii」を複製したハードディスク1台を販売する目的で所持。ネットオークションを通じて改造Wiiを販売し、購入客に対して約320タイトルのWiiソフトが違法に複製されたハードディスクなどを販売していた。

 警察の調べによると、男性は2010年11月ごろから逮捕されるまで、海賊版と改造Wiiを合わせて約430万円売り上げており、容疑を認めているという。ファイル共有ソフトなどを使用してゲームソフトを入手し海賊版を作成していた。

 男性は、改造Wiiを販売していたとして愛知県警に商標法違反で9月27日に逮捕され、10月18日に起訴されていた。さらに10月19日、改造Wiiを譲渡する目的で所持していた商標法違反でも再逮捕、送致された。


関連情報


(増田 覚)

2011/10/24 06:00