記事検索

Google、クラウド音楽サービス「Google Music」を米国で開始


 米Googleは16日、クラウド音楽サービス「Google Music」を正式サービスとして開始した。現時点では、米国のみで利用できるサービスとなっている。

 Googleでは、ユーザーが所有する音楽ファイルを最大2万曲までクラウド上のストレージにアップロードでき、PCやAndroid端末で再生できるサービス「Music Beta by Google」を、招待制のベータ版サービスとして5月に開始していた。今回、「Google Music」として正式版サービスとなるとともに、音楽会社の楽曲配信サービスも開始した。

 楽曲配信サービスには、Universal Music Group、Sony Music Entertainment、EMIの大手3社をはじめ、1000以上の独立系レーベルが参加。約1300万曲の楽曲をAndroidマーケットを通じて配信する。楽曲は1曲あたり0.99ドルからで、毎日数百曲の無料楽曲も用意される。購入した楽曲はGoogle Musicのライブラリにすぐに追加され、「Google+」で友人と楽曲を共有することもできる。

 また、アーティスト向けのサービスとして「Artist Hub」も開始。アーティストはGoogle Musicに自分のプロモーションページを作成し、オリジナル楽曲をアップロードし、価格を設定して販売することができる。


関連情報


(三柳 英樹)

2011/11/17 12:33