記事検索

米PayPal、Facebookアプリ「Send Money」公開、友達を選ぶだけで送金可能


 米eBay子会社のPayPalは17日、新しいFacebookアプリ「Send Money」を公開した。このアプリを使用すると、Facebookの友達を選択するだけでグリーティングカードとともに送金できる。

 利用するには、Send Moneyアプリの中で、相手に贈りたいグリーティングカードと友達を選択する。アプリの中からPayPalアカウントにログインして送金額を入力すると、即座に相手に送金される。このグリーティングカードは相手のウォールに表示されるが、メッセージは隠される。

Send Money

 送金手数料は、米国内銀行やPayPal口座から米国内への送金であれば無料だが、米国外での送金には0.5〜2%、クレジットカードを利用する場合には約3%の手数料がかかる。送金できる国は65カ国で、米ドル、日本円、ユーロなど多くの主要通貨に対応している。また、送金相手は受け取りに際してPayPal口座が必要となる。

 PayPalで送金するには通常メールアドレスが必要だが、このFacebookアプリから送金する場合、相手を選択するだけで済むという気軽さがある。グリーティングカードにメッセージや写真、動画を添付して送れるため、ソーシャルネットワークとの相性もよさそうだ。なお、カードを選択せず送金だけを行うことも可能だ。

 PayPalによると、PayPalのアクティブユーザーの80%近くはFacebookのアクティブユーザーでもあるとしている。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/11/18 11:49