記事検索

Twitterが新デザインに、iPhone/Androidアプリとモバイル版が今日公開

ウェブ版は数週間以内に全ユーザー移行へ


 米Twitterは8日、Twitterを新デザインにしたことを発表した。iPhone/Androidアプリの新バージョンは、App StoreとAndroid Marketにて現在公開中。モバイル版の新デザインも公開されている。iPadアプリやその他のプラットフォームについては時期未定ながら今後公開予定。ウェブ版は「今後数週間」で全ユーザーに提供される予定だとしている。

 また、新たにビジネス向けに特別に利用できる機能を用意したプロフィールページを開始し、現在、一部パートナーが利用を開始したことも発表した。

新UIにおける4つのタブ「ホーム」「つながり」「見つける」「アカウント」のアイコン

 今日発表されたTwitterの新ユーザーインターフェイス(UI)については、日本語の解説ページも設けられている。

 このUIは4つのタブ「ホーム」「つながり」「見つける」「アカウント」からなる。基本的にウェブ、iPhone、Androidなどで同じコンセプト、ほぼ同じUIを利用でき、同じコンテンツが表示される。

「ホーム」画面(新UI解説ページより)

 「ホーム」にはTwitterのタイムラインが表示され、右上のボタンからツイートできる。読み込みは高速かつ軽量で、ここからツイート、ネイティブリツイート、お気に入り登録数、おすすめユーザーやトレンドといった情報を表示させられる。

 「つながり」では、他のユーザーとできるだけ簡単につながることができるように、ユーザー名を入力してツイートするだけ、という簡単な操作が注目だ。

 「見つける」では、ハッシュタグによって現在地、設定言語、フォロー情報をもとに、カスタマイズされた話題やトレンドを見ることができる。

 「アカウント」では、自分のプロフィールをまとめて表示できる。この中には、ツイート数、フォロー数、フォロワー数、ダイレクトメッセージの管理、下書きツイート、リストやアカウントの管理などをまとめて行うことが可能だ。

Androidアプリ

 今回の発表に合わせ、Twitterではビジネスユーザー向けの「Enhanced Profile Page」サービスを発表した。現在、一部の選ばれたブランドに対してのみ提供されている。今後数週間から数カ月のうちに、より多くのブランドに対して利用できるようにしていくとしている。

 このビジネス向けプロフィールページでは、835×90ピクセルのヘッダー画像を登録できるほか、プロフィールページのタイムライン上部に最重要ツイートを表示させたり、プロフィールページにのみ掲載する独占ツイートを登録して、読者に特別な発表を行うなどのサービスを提供できるとしている。

 Twitterは以前、デザイン変更を行った際にユーザーから多くの批判を受け、受け入れられるまでに時間がかかった経緯がある。毎日使用するUIであるだけに、ユーザーが慣れるまでに時間がかかったり、批判が起こる可能性もあるが、その一方で歓迎される可能性もある。Facebook、Google+など多様な選択肢がある中で、Twitterがどのように受け入れられていくのかに注目が集まりそうだ。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/12/9 11:46