記事検索

チャットアプリ登録者の8割が「LINE」利用、使用頻度でも「Skype」上回る


 MMD研究所は17日、「Skype」「LINE」「Facebookメッセンジャー」といったグループチャットサービスの利用実態調査の結果を公表した。調査は2月10日から14日まで実施し、スマートフォン所有者618人から回答を集めたもの。

 それによれば、グループチャットアプリを「登録し利用している」と答えたユーザーは42.7%、「登録しているが利用していない」と回答したユーザーは15.9%と、合わせて半数以上がグループチャットアプリを登録していた。

 「登録しているアプリ名」の内訳ではLINE(86.4%)、Skype(62.9%)、Facebookメッセンジャー(38.6%)、「最も利用しているアプリ名」ではLINE(60.6%)、Skype(15.9%)、Facebookメッセンジャー(10.6%)の順で、どちらもLINEが最多だった。

最も登録しているグループチャットサービス 最も利用しているグループチャットサービス

 グループチャットサービスの便利な点としては、「メールより簡単にメッセージが送れる」が79.5%、「同時に数人とチャットができる」が50.0%、「過去の会話が残っている」が47.7%という結果となった。

 一方、不便な点については「電話帳に登録している人全てに情報が公開されてしまう」が50.0%、「メッセージ受信のポップアップが遅延すること」が21.2%、「連絡を取りたくない人から連絡がくるようになった」が13.6%だった。

 このほか、グループチャットサービスを利用し始めてからメールを送る頻度に変化があったかを聞いたところ、「かなり減った」という人が25.8%、「少し減った」という人が18.2%と、4割以上がキャリアメールの利用が減ったと回答していた。


関連情報


(増田 覚)

2012/2/21 12:05