記事検索

Facebook、「災害用伝言板」を世界に先駆け日本で開始


 Facebookは27日、大規模災害が発生した際に友達の無事確認が行える「災害用伝言板」機能を、世界に先駆けて日本国内の利用者向けに公開した。2月28日〜29日には、日本国内で機能のテストを実施する。

Facebookの災害用伝言板

 災害用伝言板機能は、災害時に自分の無事をFacebook上に報告するとともに、友達についての無事確認や情報交換が簡単に行えるもの。大規模災害の発生時のみ利用可能となり、PC、スマートフォン、携帯電話での利用に向け、日本語と英語で提供を予定する。

 実際の大規模災害発生時には、災害地域内のFacebook利用者がログインすると、ニュースフィードページの最上部に災害用伝言板ページへのリンクが用意される。災害地域外のユーザーは、災害用伝言板の説明ページから閲覧が可能。

 災害用伝言板ページでは、自分の名前の下に表示されている「無事を報告」のリンクをクリックすることで、自分の無事を友達に報告できる。

 さらに、目視や電話、メールなどで友達の無事が確認できている場合には、友達の名前の下にある「無事を報告」ボタンをクリックして、無事を知らせることができる。その友達の無事が報告されている場合には、「無事確認あり」アイコンが右上に表示される。

 伝言板に自分や友達の無事を報告すると、自分のタイムラインや友達のニュースフィードに表示される。

 Facebookでは、災害用伝言板に対する理解を高め、集中アクセス時にもシステムが正常に動作することを確認するため、2月28日〜29日に日本国内限定で機能のテストを実施する。大規模災害を想定し、日本国内の全Facebook利用者のホームページ(ニュースフィードページ)の最上部に、一時的に災害用伝言板へのリンクが表示され、伝言板は実際の災害時と同様に機能する。


関連情報

(三柳 英樹)

2012/2/27 12:03