記事検索

IEの自動アップグレード、日本でも3月中旬に開始


 日本マイクロソフト株式会社は6日、2012年1月から世界各国で実施しているInternet Explorer(IE)の自動アップグレードを、日本でも3月中旬に開始すると発表した。自動アップグレードが開始されると、Windows 7/Vistaの場合はIE9に、Windows XPの場合はIE8に自動的に更新される。

 マイクロソフトでは、これまでも「自動更新」という形で最新版のIEの提供を行なっている。自動更新ではユーザー側でインストール操作が必要となるが、自動アップグレードではインストール操作は不要で、Windows Updateを通じて自動的に最新版のIEにバージョンアップされる。

 マイクロソフトでは自動アップグレードを行う背景として、古いバージョンのアプリケーションを狙った攻撃が急増していることから、ブラウザーという最も利用されているアプリケーションをセキュリティの強化された最新バージョンに更新することで、オンライン上の脅威に備えることができると説明。また、IEはバージョンが上がるにつれパフォーマンスが向上しており、最新のバージョンが普及することでウェブ開発者の負荷軽減にもつながるとしている。

 過去にIE9/8の自動更新の際にインストールを拒否したユーザーに対しては、自動アップグレードは適用されない。自動アップグレードされた場合でも、ユーザーが設定したホームページや検索エンジンなどはそのまま引き継がれ、アンインストールして元のバージョンに戻すこともできる。また、企業向けには自動アップグレードを無効化するためのツールキットも配布している。


関連情報


(三柳 英樹)

2012/3/6 15:33