記事検索

「iOS 5.1」公開、音声アシスタント「Siri」が日本語に対応


 米Appleは7日、iPhone/iPod touchやiPad向けOSの最新版となる「iOS 5.1」を公開した。iPhone 4S/4/3GS、iPod touch(第3世代以降)、iPad 2/iPadで利用できる。

 iOS 5.1では、音声アシスタント機能「Siri」が日本語にも対応。注意事項として、初期のサービス開始時には使用が制限されている場合があるとしている。

 iPhone 4S/4/3GSとiPod touch(第4世代)では、ロック画面にカメラのショートカットが常時表示されるようになる。フォトストリームからの写真削除機能の追加や、カメラの顔検出機能で検出されたすべての人がハイライトされる機能が追加。iPad用のカメラアプリは再設計されている。

 このほか、iPadのテレビ番組と映画のオーディオの最適化や、バッテリーの寿命に影響するバグの解決、発信側の音声が途切れることがある問題の修正などを実施。KDDI(au)のiPhone向けには、FaceTimeおよびiMessageのサポートを追加する。


関連情報


(三柳 英樹)

2012/3/8 12:08