記事検索

Gmailに「迷惑メールと判断した理由」を表示する機能が追加


 Googleは20日、ウェブメールサービス「Gmail」で迷惑メールとして振り分けられたメールについて、迷惑メールと判断した理由を表示する機能を追加した。

 Gmailで迷惑メールとして振り分けられたメールには、送信者名の下に迷惑メールに振り分けられた理由を表示するボックスが追加された。

 迷惑メールと判断された理由については、メールの本文が「Googleの迷惑メールフィルターによって検出されたメッセージに類似している」といったものや、フィッシング詐欺と判断されたもの、ユーザーが過去に迷惑メールとして判断した送信者からのメール、送信者情報を偽っている可能性があるといったものなどがあり、さらに詳細な解説ページへのリンクも用意されている。

 Googleでは、この機能は興味深いだけでなく、Gmailがフィルターで削除している詐欺や有害なメッセージについてユーザーが学ぶ手助けになるとしている。

表示メッセージの例

関連情報

(三柳 英樹)

2012/3/21 14:10