記事検索

次期Windows Serverは「Windows Server 2012」に


 米Microsoftは17日(米国時間)、次期サーバーOSの名称を「Windows Server 2012」とすることを明らかにした。同社のイベント「Microsoft Management Summit 2012」の基調講演で言及されたもの。従来は「Windows Server 8」と呼ばれてきたが、これで「Windows 8」となったクライアントOSともども、正式名称が決定したことになる。

 Microsoftでは、Windows Server 2012のコンセプトを“クラウドOS”としており、Windows Azureなどのクラウドサービスとの連携がさまざま進むと見られている。仮想化機能も「Hyper-V 3.0」となり、Live Storage Migrationのサポート、ネットワークの機能向上などが行われる予定だ。

 なおユーザーインターフェイスについては、Windows 8と同様のMetroスタイルもサポートされる。


関連情報


(石井 一志)

2012/4/19 16:40