記事検索

スマホで留守中の様子うかがう用途に、ロジテックがWi-Fiネットワークカメラ


 ロジテック株式会社は19日、ネットワークカメラ「LAN-NCW150/S」を5月下旬に発売すると発表した。標準価格は6090円。自宅やオフィスなどに設置してインターネットに接続することで、外出先でスマートフォンなどから同カメラにアクセスし、留守中の様子を見られる。

 LAN-NCW150/Sでは、解像度がSXGA(1280×960)/VGA(640×480)/QVGA(320×240)、フレームレートが30/25/20/15/10fpsでの映像モニタリングが可能。ネットワーク接続は、無線LAN(IEEE 802.11b/g準拠だが、11n技術を仕様しており通信速度は最大150Mbps)のほか、有線LAN(100BASE-TX/10BASE-T)に対応。WPSボタンを装備しており、同じくWPS対応の無線LANルーターと簡単に無線接続の設定を行える。なお、ルーターにDDNS機能が搭載されている必要がある。

 映像のモニタリングは、iPhone/Android向けに提供する専用アプリ「かんたん見守りくん」やPC(Internet Explorer)から行える。さらに外出先のPC(Internet Explorer)からの操作により、撮影した動画や写真をLAN上にあるNASに保存することも可能。なお、動画を保存する場合は、解像度がQVGA(320×240)となる。

 本体の大きさは、65×27×80mm(幅×奥行き×高さ、スタンドは含まず)、重さは約80g。電源は付属のACアダプターを使用する。




関連情報


(永沢 茂)

2012/4/20 06:00