記事検索

Google、セキュリティやデータ保護の解説サイト「知っておきたいこと」を開設


 Googleは17日、ユーザーが安心してインターネットを利用するための取り組みとして、オンラインでやりとりされるデータや、そのデータを守るための方法などを解説するサイト「知っておきたいこと」を開設した。

 サイトは、「オンラインの安全性」「ウェブ上のデータ」「Googleのデータ」「データの管理」という4つのテーマについて解説。「オンラインの安全性」では強力なパスワードの選び方や、不正なソフトウェアから防御するための方法について、「ウェブ上のデータ」では、Cookieの仕組みや、IPアドレスからユーザーの現在地を推測する仕組みなどをそれぞれ紹介している。

 また、「Googleのデータ」では、ユーザーが検索した場合にGoogleがどのような情報をログに保存しているかや、ログを基に検索結果や表示する広告をカスタマイズしている仕組みなどを解説。「データの管理」では、Googleが管理しているユーザーのデータを確認するためのツールや、データを他のサービスに移動するためのツール、ウェブブラウザー「Google Chrome」のシークレットモードの利用方法などを紹介している。


関連情報

(三柳 英樹)

2012/5/17 20:40