記事検索

Google、同社初のAndroidタブレット端末「Nexus 7」発表、199ドルから

7インチHD液晶、クアッドコア搭載で重さ340g


 米Googleは27日、同社ブランドとして初となるAndroidタブレット端末「Nexus 7」を発表した。

「Nexus 7」の紹介ページ

 7インチで解像度1280×800ピクセルのHDディスプレイ(216ppi、IPS液晶)、クアッドコアNVIDIA Tegra 3プロセッサーを搭載し、サイズが198.5×120×10.45mm、重さが340g。メモリは内部ストレージが8GBまたは16GB、RAMが1GBで、OSには同日発表されたAndroid 4.1“Jelly Bean”を搭載する。

 バッテリー持続時間は、HD動画再生で連続8時間、ウェブブラウジングや電子書籍の閲覧は10時間などとなっている。インターフェイスは、IEEE 802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth、マイク、NFCで、加速度系やGPS、磁力計、ジャイロスコープも搭載する。製造はASUSが行う。

 なお、Google Playを通じて販売するため、Google Playの多くのサービスが提供されていない日本では注文できない。同日から米国、英国、カナダ、オーストラリアで予約受付を開始しており、米国での価格は199ドルから。7月半ばに出荷予定だ。

 デザインは高級感に溢れ、手にしっくりとなじむ工夫が行われている。Google Playコンテンツ、例えば音楽や映画、テレビ番組、ゲーム、電子書籍を楽しむための端末という位置付けだ。


関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2012/6/28 11:39