記事検索

Googleが「Chrome for iOS」公開、注目の速度はSafariより遅い


 米Googleは28日、「Chrome for iOS」をiTunes App Storeにて公開した。iOS 4.3以上のiPhone/iPad/iPod touchで利用できる。

iTunes App Storeで公開されているスクリーンショット

 ユーザーインターフェイスはChromeの便利さを引き継ぎ、iPadやiPhone向けによく工夫されている。しかし、Chromeの特徴である高速さは、iOSの制限ゆえに体感できない。

 Chrome for iOSでは、おなじみのオムニボックスが搭載され、アドレスバーに検索語句もURLも入力でき、入力中に候補が表示されるために素早く目的のページを表示できる。

 タブ切り換えも直感的に操作できる。iPhoneやiPod touchではタブ切り換えボタンを使用し、iPadではスワイプによって切り換えが簡単にできる。

 また、Google アカウントにログインしていれば、他の端末やPCで開いた状態をそのままiPhoneなどで引き継ぐことができる。引き継がれるデータは、タブ、ブックマーク、パスワード、アドレスバーだ。

 このほか、シークレットモードにも対応している。

 しかしながら、iOSゆえの制限も多い。特に目につくのは、ウェブアプリケーションの遅さだ。ベンチマークで見る限り、iOSのデフォルトブラウザーであるモバイルSafariの方がはるかに高速だ。Chromeは高速さが特徴のひとつであるだけに、他のブラウザーと同じようにしか扱うことができないのは残念だ。Appleはセキュリティ上の理由から、アプリ内ブラウザーとして独自のウェブエンジンを使用することを許可していない。Gmailなどのウェブアプリケーションを利用する際には、ネイティブアプリを使用する方が快適に利用できそうだ。

 こうした制約ゆえに、他のアプリでリンクを開く時には、モバイルSafariを利用しなければならず、Chromeを使用するためには、わざわざリンクをコピー&ペーストしなければならない不便さがある。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2012/6/29 11:50