記事検索

ニコニコ動画、新バージョン「Zero」を一般会員にも公開


 株式会社ニワンゴは29日、動画サービス「niconico(ニコニコ動画)」で有料のプレミアム会員のみに提供していた新バージョン「Zero」を、一般会員にも公開した。全国5つの町で開催する「ニコニコ町会議」の初回となる鳥取県八頭町の会場で発表した。

 niconicoの新バージョン「Zero」は、5月1日からプレミアム会員限定で提供してきた新バージョンで、動画の画面サイズを拡大したほか、タグがリアルタイムで反映される仕組みや、動作再生リスト機能などを搭載。6月18日にはユーザーからのフィードバックを反映するとともに、動作スピードを高速化した。

 今回、一般会員にも「Zero」が公開されるが、旧バージョンの「原宿」も引き続き提供され、ユーザーが設定で切り替えることができる。また、「ニコニコ動画」と「ニコニコ生放送」のそれぞれで、「Zero」と「原宿」のどちらを利用するかも個別に設定できる。

 また、「ニコニコ生放送」のiOSアプリについては、30日に公開予定の最新バージョン(Ver4.20)で、iPadに最適化したユーザーインターフェイスを搭載することを発表。iPad向けのユーザーインターフェイスでは、縦表示と横表示にそれぞれ最適化した構成となり、生放送を視聴しながらの検索やニュース閲覧に対応。iPadからの生放送配信時に適したユーザーインターフェイスも搭載する。

「ニコニコ生放送」アプリがiPadに対応 生放送を視聴しながら検索など他の操作も可能

関連情報


(三柳 英樹)

2012/7/30 11:54