記事検索

アドビ、ウェブサイト制作ツール「Adobe Muse 2.0」日本語版を提供開始


 アドビシステムズ株式会社は21日、ウェブサイト制作ツールの新バージョン「Adobe Muse 2.0」日本語版を同日より提供開始すると発表した。コードを記述することなくHTML5対応のウェブサイトを制作できるツールで、当初は英語版が公開されていた。2.0日本語版では、日本語フォント表示・入力などの機能強化も行われているという。

 Museは、アドビのクリエイティブツールを月額料金制で利用できるメンバーシップサービス「Adobe Creative Cloud」の一部として提供されている。Creative Cloudの料金は、年間契約プランで月額5000円、月々プランで月額8000円。Museの1年間の利用権とCreative Cloudのメンバーシップには、1サイトのホスティングサービスも含まれている。Muse単体での提供開始は9月中旬の予定。

 アドビシステムズでは、Museのほか、今後予定されているCreative Cloudのアップデートについても発表している。新しいCS7の機能を搭載した「Illustrator」を8月下旬に公開予定としているほか、iPadアプリ向けにコンテンツを配信できる「Digital Publishing Suite Single Edition」が9月より利用可能になるとしている。




関連情報


(永沢 茂)

2012/8/21 18:13