記事検索

「Office for Mac 2011」、Retinaディスプレイに対応


 米Microsoftは19日、Mac用オフィスソフト「Office for Mac 2011」の最新バージョン「14.2.4」を公開した。Retinaディスプレイに対応したほか、安定性やパフォーマンスの向上を図った。

 Retinaディスプレイに対応したことにより、Word、Excel、PowerPoint、Outlookの文字や主なインターフェイスが従来よりも鮮明になった。機能面ではOutlookのカレンダーに登録したイベントのリマインダーを改善した。

 バージョンアップの対象ユーザーは自動アップデートの通知が行われる。手動によるアップデートも可能だ。


関連情報


(増田 覚)

2012/9/20 16:33