記事検索
最新ニュース

「Windows 8」発売、7/Vista/XPからのアップグレードが期間限定で3300円から

「Windows ストア」では1000種類以上のアプリ提供


 日本マイクロソフト株式会社は26日、新OS「Windows 8」を発売した。Windows 8搭載PC/タブレットがPCメーカー各社から発売されたほか、既存のPCをWindows 8へアップグレードするパッケージ製品/ダウンロード製品の提供もスタートした。

 エディションは、一般向けの「Windows 8(無印版)」と「Windows 8 Pro」、企業ユーザー向けにセキュリティ強化などを図った「Windows 8 Enterprise」がある。このほか、ARMタブレットにプリインストールされたかたちで「Windows RT」が提供される。

Windows 8のパッケージデザインは、「Layers」「Liquid」「Garden」「Sonntag」「Swim」という5種類ある。写真は「Layers」のデザイン

 Windows 7/Vista/XP搭載PCからWindows 8 Proにアップグレードできるパッケージ製品は、2013年1月31日までの期間限定特別価格で提供する。参考価格は5800円(税別)。同じくダウンロード製品も、日本マイクロソフトのサイトで3300円で販売する。

 なお、2012年6月2日から2013年1月31日までの間にWindows 7搭載PCまたはDSP版を購入したユーザーを対象とした「Windows 8 優待購入プログラム」も実施する。専用サイトから1200円でWindows 8 Proアップグレード版をダウンロードできる。

 このほか、Windows 8(無印版)を「Windows 8 Pro with Media Center」へアップグレードできる「Windows 8 Pro Pack」も用意されている。

 一方、新規インストール用には、自作PCパーツ店などで「DSP版」が販売される。DSP版は従来、各種PCパーツとのバンドル販売でのみ提供されていたが、Windows 8ではその制限がなくなった模様。ただし、販売店や日本マイクロソフトからの無償サポートが一切ないという。

Windows 8のスタート画面

Windows 8には、タッチ操作に最適化したウェブブラウザー「Internet Explorer 10」を搭載

OSとシームレスに使えるというオンラインストレージサービス「SkyDrive」も搭載

 Windows 8の一般発売に合わせて、Windows 8搭載PC/タブレットで利用できるアプリをダウンロード提供する「Windows ストア」を正式オープンした。全世界で1000種類以上のアプリを利用できるとしている。

Windows 8搭載PC/タブレット用のアプリを配信する「Windows ストア」




関連情報


(永沢 茂)

2012/10/26 15:38