ニュース

ウェブニュースで注目の政党は? ニコ生「党首討論」後は各党露出アップ

 株式会社PR TIMESとNTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション株式会社は11日、各政党のウェブ上での注目度をまとめた調査結果を発表した。調査は、日本の主要ニュースサイトでの露出を調査するサービス「Webクリッピング」と、Twitter全量データを対象とするリアルタイム分析サービス「BuzzFinder」を集計したもの。

 それによれば、11月29日から衆議院議員総選挙が公示された12月4日までのウェブニュース露出件数では、民主党・自民党・日本維新の会・日本未来の党が相対的に多く、日次およそ500〜1200件あたりを推移。一方、それ以外の政党は日に数件〜300件台と少なかった。

 12月5日以降は民主党と日本未来の党の露出減少幅が大きかったが、自民党と日本維新の会が露出件数を比較的保った。なお、11月29日のニコニコ生放送「ネット党首討論会」の後や、12月4日の総選挙公示のタイミングでは、各党とも露出数を一様に伸ばした。

 一方、12月7日〜9日の口コミ数で見ると、自民党が抜きん出ており、日次およそ7万件前後を推移。次点の民主党がその5〜6割にあたる3万〜4万件前後で、相対的な差はウェブニュース露出より大きかったという。それ以外の政党は多いところで1万件前後と、上位2政党と大きな差が見られた。

(増田 覚)