ニュース

電子書籍利用経験者、月1冊以上は計43.2%、試しに読んでみた程度が39.1%

 株式会社アップデイトのMMD研究所は12日、電子書籍に関する利用実態調査の結果を発表した。電子書籍の利用経験者は56.8%に上ったが、そのうち1カ月に1冊以上電子書籍を購読している人は43.2%だった。電子書籍を読むようになってからの読書機会や書店に行く機会の増減などについても調査している。

 調査は、1月30日〜2月1日に20〜49歳の男女を対象にインターネットで実施したもの。これによると、電子書籍の利用状況についての設問(回答者564人)では、「無料の電子書籍を読んだことがある」(34.6%)、「有料の電子書籍を読んだことがある」(6.2%)、「無料・有料、両方の電子書籍を読んだことがある」(16.0%)を合わせて56.8%の人が電子書籍を利用したことがあると回答した。男女別に見ると、男性(303人)では64.0%、女性(261人)では48.3%。

電子書籍利用率

 一度でも電子書籍を利用したことがあると回答した人(320人)に電子書籍の購読頻度を聞いた設問では、1カ月平均で「1冊〜2冊」が25.6%、「3〜4冊」が8.8%、「5〜6冊」が5.0%、「7〜8冊」が1.6%、「9〜10冊」が0.6%、「11冊以上」が1.6%、「1カ月に1冊未満」が17.8%、「試しに読んでみた程度」が39.1%だった。1カ月に1冊以上読むという人は合計で43.2%となる。

電子書籍利用頻度(1カ月平均)

 「試しに読んでみた程度」を除く利用経験者(195人)が最も読んでいるジャンルは、「コミック」(33.3%)と「小説・文芸書」(32.8%)が比較的多く挙げられ、以下「ビジネス書」(11.3%)、「雑誌」(10.8%)、「実用書」(4.6%)、「洋書」(2.6%)、「写真集・アート」(2.1%)、「参考書」(1.5%)の順。

 同じく「試しに読んでみた程度」を除く利用経験者(195人)に、電子書籍を利用するようになった後の変化について聞いた設問では、読書の機会(紙と電子を含む)が増えたとした人が35.4%(「増えた」12.3%と「やや増えた」23.1%の合計)り、減ったとした人の5.7%(「やや減った」3.1%と「減った」2.6%の合計)を上回ったが、59.0%は「変わらない」と回答した。

 一方、紙の書籍の購入量は、同じく「変わらない」が60.0%を占めたが、減ったとした人が29.2%(「やや減った」21.5%と「減った」7.7%の合計)おり、増えたとした人の10.7%(「増えた」1.5%と「やや増えた」9.2%の合計)より多かった。また、書店に行く機会に関しても、58.5%は「変わらない」とした一方で、26.1%が減ったと回答(「やや減った」17.9%と「減った」8.2%の合計)。増えたとした人の15.4%(「増えた」2.1%と「やや増えた」13.3%の合計)を上回った。

電子書籍利用後の変化

(永沢 茂)