ニュース

ハンファ、スマホ遠隔操作対応機などネットワークカメラ3機種を新発売

「IP-2000PTO」

 ハンファ・ジャパン株式会社は15日、PCからの遠隔操作・閲覧に対応したネットワークカメラ3機種を発表した。うち2機種はスマートフォンからも利用可能。価格は5万4900円〜24万9000円。同日より自社ウェブサイトにて直販する。

 発表された3機種は、フルHD(1920×1080ドット)撮影、防水構造による屋外設置をサポート。また、セキュリティ用カメラなどの相互運用性を保証するための規格「ONVIF」にも対応している。

 「IP-2000PTO」は水平方向355度・垂直方向0〜90度の範囲内でのパン・チルトが可能で、価格は5万4900円。「IP-2000DIO」はパン・チルト機能未搭載だが、赤外線LEDの照射による暗所撮影(モノクロ)に対応する。価格は5万9900円。この2機種はPoEによる給電で動作するほか、スマートフォンで操作できる。

 「IP-2000PTZ」は200万画素の1/3型Exmor CMOSセンサーおよび光学20倍ズームレンズ(4.7〜 94.0mm)を採用するハイスペック機。逆光時、暗所撮影時のノイズ低減など、各種の映像補正技術も利用できる。パン・チルト角度は水平方向360度、垂直方向0〜90度。PoEには未対応。価格は24万9000円。

「IP-2000PTO」
「IP-2000PTZ」

(森田 秀一)