ニュース

現役ブロガーの9割が主にPCを使って更新〜ライフメディア調査

 株式会社ライフメディアは19日、ブログの執筆状況などについてアンケート調査した結果を発表した。同社が運営するサイト「ライフメディア」の登録会員を対象に3月5日から13日までインターネット調査で実施したもので、10代から60代までの男女6566人から回答を得た。

 ブログ(SNS内のサービスは除く)の利用の有無を尋ねた設問では、「登録して、投稿・更新している」とした人は12.9%にとどまり、「登録したことはない」が67.6%と7割近くを占めた。「ブログを知らない」も5.3%あった。

 一方、「登録しているが、投稿・更新していない」が7.8%、「過去に登録していたが、やめた」が6.4%あり、“ブログ休止者”は合わせると14.2%となる。

 ブログを登録しており現在も更新している人(847人)を対象に、ブログを書く目的を尋ねた設問では、「自分の日記、備忘録として」が最も多く68.1%で、以下、「自分の考えや感じたことを発信したいため」が38.0%、「発信する情報を通して、他人の役に立ちたいため」が25.5%など。1日の平均アクセス数は合計78.1%の人が「50アクセス未満」だった。

 更新頻度は「ほぼ毎日」が15.6%、「週に複数回」が24.1%、「週に1回」が16.3%、「月に2〜3回」が22.0%、「月に1回」が7.9%、「2〜3カ月に1回」が6.7%、「それ以下の頻度」が7.4%。ブログを更新するデバイスについては、「主にパソコンで更新する」が90.2%を占め、「主にスマートフォンで更新する」は6.3%だった。

 ブログ休止者(931人)がブログをやめた理由は、「更新が面倒になったから」が53.0%で最も多く、以下、「他のことに忙しくなったから」の31.8%、「飽きたから」の27.7%、「記事を書くネタがなくなったから」の27.2%、「他のSNSなどを利用するようになったから」の20.8%と続く。

(永沢 茂)