ニュース

米Google、レガシーサポートと管理機能を備えた「Chrome for Business」

〜内製アプリなどでレガシーに縛られた企業もモダンブラウザーが利用可能に

 米Googleは16日、企業でもGoogle Chromeを使用しやすくするため、レガシーアプリや管理機能を取り揃えた「Chrome for Business」を発表した。

 「Chrome for Business」はWindows/Mac/Linuxに対応、「Google Apps for Business and Education」利用者は今日から標準で利用可能となる。また、ビジネスアカウントでChromeにログインすることでも利用できる。

 多くの企業では、ActiveXなどを使用した内製アプリケーションのために、Internet Explorerを使用せざるを得ない場合があり、これがChromeをはじめとする他のウェブブラウザーへの乗り換えを難しくしている。

 Chrome for Businessではこの問題を解決するためのレガシーサポート、IT管理部門向けのコンソール画面からの設定機能を提供する。

 レガシーブラウザーサポートには2つの方法が用意される。1つは管理者が事前にサイトを指定し、そのサイトを開く場合には自動的に第2ブラウザーが起動するポリシーを設定する方法だ。もう1つは、「Internet Explorer Legacy Browser Support」拡張機能をインストールする方法だ。これにより、リンク先を見てChromeとInternet Explorerのうち、適切なウェブブラウザーを起動する。

 Googleはレガシーブラウザーサポートのメリットについて、「企業が2つ以上か、それ以上古いバージョンのウェブブラウザーを使用するとき、社員や開発者たちは、過去4年、場合によっては10年以上分に起こった信じられないほどのウェブ技術革新の恩恵を受けることができない。モダンブラウザーを利用可能とすることで、ITセキュリティを強化し、サポートコストを削減し、ブラウザのスピードと従業員の使いやすさを向上させることができる」と主張する。

 そのほかの新機能として、「Google Apps for Business & Education」で利用できるコンソールによる設定機能がある。100通り以上の実に細かい設定が可能だ。オムニボックスのサーチプロバイダーの変更、セーフブラウジング、ブラウザ履歴機能、Google翻訳など様々な基本、応用機能の使用可否の設定ができる。また、URLブラックリストの管理、JavaScript、WebGL、画像表示など一部のコンテンツの利用を制限できる。

 さらに、組織内のみで使用できるプライベートなChromeウェブストアを設置できるほか、あらかじめインストールしておく拡張機能を管理者が設定することも可能だ。

(青木 大我 taiga@scientist.com)