ニュース

米Twitter、音楽サービス「Twitter #music」を公開〜まずは英語圏6カ国から

 米Twitterは18日、新しい音楽サービス「Twitter #music」を発表した。ウェブブラウザーとiOS用アプリから利用できる。

 「Twitter #music」は、ツイートに含まれる音楽に関係した情報をもとに楽曲を発見できるようにし、その場で再生、購入できるようにする新種の音楽サービス。

 今日から米国、カナダ、英国、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドでサービスを開始。iTunes App Storeから「Twitter #music」アプリを無料ダウンロード可能。またウェブサービス「music.twitter.com」も公開されている。

 Android版の開発も進められており、国名は公表されていないが他国へのサービス展開も予定されているという。

 現在、iTunes、サブスクリプション制音楽サービスSpotifyとRdioの3サービスと提携。今後は他の音楽サービスプロバイダとの提携を模索している。それでこの音楽サービスにログインしていれば、Twitter #musicから直接楽曲を再生できる。

 Twitter #musicには4つのビューがある。Twitter上でトレンドしている楽曲がわかる「Popular」、人気急上昇中アーティストがわかる「Emerging」、フォローしているアーティスト情報に基づいておすすめの楽曲を紹介する「Suggested」、フォローしている人々が再生している楽曲がわかる「#NowPlaying」だ。

 また、アーティストを検索してプロフィール画面を表示すると、その楽曲をその場で再生することもできる。

 いずれの画面もユーザーインターフェイスは共通だ。表示される楽曲はタイル状に表示され、その楽曲をタップするとその場で再生できる仕組みだ。

 Twitterによると、フォロワー数が最も多いアカウントの多くはミュージシャンであり、半数のユーザーは最低でも1人のミュージシャンをフォローしているという。このことはアーティストがファンと交流する場としてTwitterを選択する理由となっていると主張している。

「Twitter #music」iOSアプリの画面

(青木 大我 taiga@scientist.com)