ニュース

サイバーエージェント子会社、小学生向けプログラミング学習スクールを開校

 株式会社サイバーエージェントの連結子会社で、小学生向けプログラミング事業を手がける株式会社CA Tech Kids(シーエーテックキッズ)は9月25日、小学生向けプログラミング学習スクール「Tech Kids School」を10月に開校すると発表。同時に、生徒募集を開始した。受講料は1コース3万5000円から。

「Tech Kids School」案内ページ

 「Tech Kids School」は、小学校の3〜6年生を対象に、iPhoneアプリ開発やJavaScriptによるWebアプリ開発などを学ぶ2つのコースを開設。サイバーエージェント本社オフィス内の教室で授業を行う。

 開設コースは「Hello Stage」(2013年10月〜12月)と「Create Stage」(2014年1月〜3月)の2つ。いずれも20名を募集。定員に達し次第募集終了とする。

 「Hello Stage」は、受講料3万5000円。2013年10月〜12月の3カ月に全6回の授業を行う。1つの言語に限らず、さまざまな技術を使ってモノづくりを経験し、興味・関心を引き出すことを狙いとする。iPhoneアプリ開発(Objective-C)、Webアプリ開発(Java Script)、ゲーム開発(Game Salad)を少しずつ経験できる内容となる。

 「Create Stage」は、受講料5万5000円。2014年1月〜3月の3カ月に全12回の授業を実施。iPhoneアプリやゲームなど自分が創りたいものを選んで3カ月かけて完成させ、発表会で発表する。

 なお、「Hello Stage」と「Create Stage」を同時に申し込むと、総額から1万円割り引かれる。また、パソコンを持っていない場合は、2コースとも各5000円でレンタルできる。

 講座を開設する株式会社CA Tech Kidsは2013年5月31日に設立。出資比率は株式会社サイバーエージェント65%、ライフイズテック株式会社35%。ライフイズテックは中学生、高校生のためのプログラミング教室やITキャンプなどの教育事業を手がける。

(工藤 ひろえ)