ニュース

未単行本化マンガをオンデマンド印刷で販売、「Jコミ」でβテスト開始

 株式会社Jコミは、絶版漫画の配信サービス「Jコミ」において、作品をオンデマンド印刷により紙の本として販売する「Jコミで印刷できるってよ」システムを開始すると発表した。当初はβテストとして11月3日〜30日の間、未単行本化作品に限って実施する。

Jコミサイトトップページで、左ペイン下の方に、「未単行本化作品」というメニューがあるのでクリックすると、簡単に未単行本化作品だけを閲覧できる。

 βテストでは、Jコミで「未単行本化作品」タグが付いている作品に限定して、作品ページに「Jコミで印刷できるってよ」ボタンを設置。このボタンで注文したユーザーのもとに、オンデマンド印刷により書籍化された作品が1週間程度で送付される。1冊から印刷が可能で、サイズはB6版。表紙はカラーで、本文はすべてモノクロ。

 価格は印刷代の2倍に設定されており、印刷代以外は作者の取り分となる(作者印税率50%)。価格は表紙カラーの紙質や製本方法によって異なり、例として99ページの作品の場合、最安コースの「表紙加工なし・ホチキス綴じ」では540円、見た目が上質な「表紙マット加工・無線綴じ」では920円といった価格が示されている(送料は1冊180円から)。

(三柳 英樹)