ニュース

Google、「Chrome」安定版をアップデート、15件の脆弱性を修正

 米Googleは4日、ウェブブラウザー「Chrome」の安定版をアップデートした。バージョン番号は「31.0.1650.63」で、15件の危険な脆弱性を修正しているという。Windows版、Mac版、Linux版と、Internet Explorer用プラグインのChrome Frameがある。

 Googleでは、修正した15件のうち、外部のセキュリティ研究者から報告されたものなど3件について、500〜2000ドルの賞金を出すことを明らかにした。また、その中の1人である“cloudfuzzer”氏に対しては、2000ドルの賞金に加えて、Chromeの開発協力でセキュリティバグ防止に貢献したとしてさらに2500ドルの賞金を追加している。

(永沢 茂)