ニュース

OCNの「SMS機能付きSIMカード」と「データシェア型SIM」が登場

 NTTコミュニケーションズが提供している、NTTドコモのLTEに対応したモバイルデータ通信サービス「OCN モバイル ONE」で、「SMS機能付きSIMカード」と「データシェア型SIM」を12月7日より提供する。NTTコムストアなどのオンラインショップで販売する。

ショートメールも使える「SMS機能付きSIMカード」

 今回新たに提供する「SMS機能付きSIMカード」は、SMS機能によりショートメッセージが送受信できるようになる。また、現在機種によって生じている、アンテナピクトが表示されない問題と、バッテリー消費が早くなる問題が解消されるという。

 SMSの利用は、月額126円、国内への送信料は1通あたり3.15円、海外への送信料は1通あたり50円。受信は無料。国内への送信は毎月5通まで無料となる。また、既存ユーザーからのSMS対応SIMへの交換は、通常の発行手数料1890円を無料で提供するキャンペーンを実施する。期間は12月17日〜1月31日で、OCNマイページより申し込む。

1枚単位で追加できる、「データシェア型SIMカード」

 また同社は、「データシェア型SIMカード」を新たに提供する。月々のデータ容量を、スマートフォン、タブレット、ゲーム機など複数の端末で利用したり、家族間でシェアできる。利用シーンにあわせて、SIMカードを1枚〜最大4枚まで追加できる。また、標準、マイクロSIM、ナノSIMなどカードのサイズも選べる。

 同社では現在、通信容量や速度が異なる5つのコースを提供しているが、例えば受信時最大112.5Mbpsの2GB/月のコースに、データシェア型SIMカードを1枚追加した場合、2GBのデータ容量を2枚で分け合うかたちになる。このとき、通信速度が落ちることはなく、各端末で同時に通信しても、受信時最大112.5Mbps/送信時最大37.5Mbpsのデータ送受信ができる。

 追加SIMの1枚あたりの発行手数料は1890円、月額料金は472円となり、現在契約中のコース月額料金に加算される。

(川崎 絵美)